ニュージーと、親方と、ときどきダンナ。

家族3人。ニュージーランドでの初海外ライフ。

「境界線」という考え方に出会いました。

こんにちは。

 

 

 

 

 

昨日、何気なく

「YESならYES、NOならNO」

みたいな話題をブログに書いたけど、

偶然にも今日初めて参加したプレイグループで、

それと似たようななんとも興味深い本を紹介してもらった。

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190215102603j:plain

 

まじめな本だ!

 

 

 

分厚い文字だらけの本だけど、説明を受けたら読みたくなった。

 

 

 

相手が自分のためにしてくれることで

「本当は別にしてくれなくていいんだけどなぁ。」

と思ってるのに、断れないときはないか?

逆に、わが子のため、ダンナのため、友達のためと思って、

自分の善意を押し付けていることはないか?

 

 

親子であれ、夫婦であれ、友達であれ、

人間関係をより深く信頼関係の強いものにするためには、

「ここまではわたしの領域。」

「ここからはあなたの領域。」

といったように、境界線(バウンダリー)をしっかりと引くことが大事とのこと。

 

 

それを自分が超えてしまったり、また相手に超えさせてしまったりすることで、

あまたの人間関係のトラブルは起こっているという…。

 

 

そしてこの「境界線」が

超曖昧なのがそう、ジャパニーズピーポーなんだそう。

 

褒められたくて、断れなくて、空気読んで、認めてほしくて、相手の目が気になって、

いつしか自分の境界線を越えてくる不法侵入者をどんどん許してしまう。

 

これが慢性化している日本では

うわべだけの、言いたいことも言えない、だけど陰では悪口言う、本当に好きなものや嫌いなものを分かちあえない、希薄な人間関係の出来上がり!

 

 

しっかりと境界線を引くために一番有効な手段は

「NO」と言う選択肢を明確にすることらしい。

心の底から「YES」と言うためにも、

「NO」と言うことは非常に大切なんだとか。

 

 

 

う~~~ん。

スゴイ分かる気がするけど、そうはいってもスゴイ難しいような。

そもそも日本人の多くが境界線を曖昧にしているなら、

自分だけ境界線をばっちり引いてると、日本では生きづらいのではないか…

と、こう考えてしまうこと自体、豊かな感動のある人生から遠ざかってしまってるらしい…では豊かな人生とは何なんだ… 

 

 

 

と、考え出すとよくわからなくなるけど、

でもこれだけは感じる。

近い将来、親方の境界線ガンガン不法侵入しちゃいそう。

 

 

 

親と子にもそれぞれ境界線があるということを絶対に忘れてはいけないらしい。

 

 

 

今日から行ったプレイグループは

このような聖書をもとに書かれた本を題材に、

親と子の関係や子育てについて考える時間を設けてくれる。

なんとも勉強になり、純粋に面白い。

 

 

 

まだ1回目で本の紹介だけだったけど、

これから少しずつ読んでいきながら、お母さん同士ディスカッションしたりするそう。

ちょっとずつひも解いて、理解して、

できたら自分の考え方や子育てに役立てていけたらと思います。

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190215104301j:plain

 

カアチャンがえらく境界線について感心している間、

親方は小麦粉ねんどをこねこね。

ねんどは英語で「clay」です。

 

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190215104753j:plain

 

小麦粉、水、塩、食用色素をまぜて作る小麦粉ねんど。

口に入れても安全で、ニュージーの保育園、幼稚園ではかなりポピュラーらしいけど、日本でもそうなのかな。

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190215105021j:plain

 

そのなんとも言えない柔らかさの小麦粉ねんどに

親方も大興奮。

 

家ではやりたくないから、ここでたくさん遊んでおくれ。

 

言いたいことを言っていないわけではないけど。

こんばんは。

 

 

 

 

 

 

よくいくお散歩コース。

 

 

いや、よくいくって今書いたけど、

実はそこまでいかない。

正確には、「よし歩くぞ!」ってときしか行かない散歩コース。

 

 

 

海辺にかかる歩道橋がず~っと続く気持ちの良い道。

以前、ハハがニュージーに来たとも散歩した。

 

 

 

親方も歩けるようになり、

橋の上を歩かせようとベビーカーからおろすと

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190214184502j:plain

 

いっっっぽも歩かない。

 

橋にある微妙な隙間が嫌なのか

滑り止めのゴムがいやなのか

 

 

ここまでおいでとわずか1メートルほど離れた場所で手を差し伸べても、

かたくなにこの表情で一歩も踏み出そうとしない。

 

 

よっぽど嫌らしい。

 

 

「なんかわからないけど嫌いなもの」ってあるよね。

エナメルの靴とか(昔は好きだったけど)

他人様のお弁当とか(おかずの交換はなぜか絶対にしたくなかった)

カアチャンもいろいろあるよ。

 

 

ということで、一番気持ちの良い橋の上はベビーカーで移動。

 

 

お散歩コース。

橋がようやく終わると

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190214190618j:plain

 

武器を手に入れご機嫌モード!

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190214190727j:plain


さらにもう一個手に入れた!(チャラララッチャラ~)

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190214190826j:plain


ヤバイ。

 

めっちゃ楽しそうじゃ~ん!

(でも棒は危ないよね…。)

 

 

 

そして砂浜に到着。

 

f:id:mocoyoneyone:20190214191120j:plain

 

実は夜のお散歩だったこの日。

時刻は夜の8時過ぎ。

ゆっくり暗くなってきた。

 

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190214191213j:plain


砂浜大好き親方さん。

 

なぜ子どもは砂場が好きなのだろう。

 

 

 

楽しそうに砂をいじりたおす親方。

夢中になって砂と遊ぶ。

 

親方見てて思うけど、

好きなものと嫌いなものが、本当にはっきりしていて、

なんというか清々しい(子どもはみんなそうよね)!

 

わたしはよく、嫌いなものを「別に大丈夫だよ」風に装うことがあるけど、

「ア~本当はイヤなんだろうなぁ。」ってバレバレのときが良くある。

 

 

「イタリアンと餃子どっちがいい?決めていいよ。」

 

「ん~イタリアンかな。」

 

「おっけー。イタリアンかー。そっかー。あいてるかなー?」

 

 

てな具合に、「絶対アナタ餃子がいいんでしょ?」みたいなことがよくある。

(べつにイタリアンが嫌いなわけじゃないけどね。)

 

気の知れたダンナや友達だったらいいけど、

まだ付き合い浅い人のまえでやってしまうと、気を使わせちゃうよね(やっていないと思うけど…)。

 

よく、おとなりのウェンさんが言う。

 

「YesならYes!NOならNOって言って!」


ニュージーの人たちは断り方も清々しい。

なんというか、サラサラしてる。

 

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190214192222j:plain

 

「いいたいこともいえないそんなよのなかじゃ~~~ポイジュン!!!

 

 

時と場合にもよるけどね~。

 

そんなことを考えたお散歩でした。 

塵も積もれば山となる!

こんばんは。

 

 

 

 

 

 

ニュージーのとあるお風呂場に、

あの大人気ポケモンが現れた!

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190212184224j:plain

 

モンスタ―――ボ―――ル!

 

 

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190212184342j:plain

 

「ぴ、ぴかちゅう。」

 

 

 

 

なんか違う…。

 

 

 

 

 

 

 

それはさておき、

昨日からなんか体調がすぐれなくて、

体調がすぐれないとみるみる落ちていくヤル気と元気とポジティブシンキング。

 

 

親方をプレイグループに連れて行き、

ごはん、洗濯、掃除と、いつものことをやるだけで

これみよがしに吐くため息と、増していくドヨ~ン感。

 

 

ちょっと体調悪いだけで、なんてヘボいやつなんだとは頭の片隅で思っていても、

行動が伴わずダラダラごろーん。

 

「なんかダメだわ。うん、女子ってこういう日あるよね。仕方ない。」

 

と、何回唱えたことか…。

 

 

 

 

 

そんなとき、今日ハハからLINEで届いた、

池江璃花子選手が白血病だというニュース。

 

 

 

 

 

え、あんなにすごい子が…日本の宝が…

 

 

 

いや、本当に単純すぎると思うのですが、

 

ものすごく頑張っている人が、これからもっと頑張るというのに、

わたしはいったいソファーでなにしてるんだ~~~~!

 

というカンフル剤的謎の一時的前向きヤル気元気。

 

 

 

どんなに衝撃的なニュースでも

「一時的」というのが悲しきかな。

 

『夢をかなえるゾウ』を読んだ時も、

『あいのり』観た時も、

難民としてニュージーに来たイランのお母さんと話した時も、

前向きヤル気元気は一時的。

  

でも、一時的でもいいから、とりあえず一つずつがんばろう。

特に英語ね。(あと運転…駐車も。)

一時的でも、ちりも積もればなんとやら… 

 

 

 

ということで「喝~~~~~!」を入れるため

庭で親方を撃ちまくることに!?

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190212190032j:plain

 

「ちょっ、なんでしょうなるわけ~~~~。」

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190212190420j:plain

 

「まぁ、きらいじゃないけど~~~~。」

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190212190538j:plain

 

「でもちょっとしちゅこく(しつこく)ない~~~?」

 

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190212190630j:plain

 

「もうやめて。」

 

 

 

と、こんな感じで喝を入れました。自分に。

 

 

そういえばマンガ読んでて、

「自分は今、実は結構幸せで人生楽しんでいるのに、どうしてそれを堂々と友達に言えないのか。」

というような感じのセリフがあって、ほほ~。

 

「最近どう?大変だよね~?」と聞かれると、

「そうだね。まぁボチボチかな…。」と返してしまう。

 

たしかに、堂々と「幸せだ~~~~!」とは言わないかな。

自慢してるっぽいから?国民性?なんでだろ。

 

 

 

 

 

でも今日は言う。

親方と庭で遊べて幸せだ~~~~!

親方ありがとう。

トマトは育つよどこまでも。

こんにちは。

 

 

 

 

みなさん

12月に植えたトマト、覚えていますでしょうか?

適当に種をぱっぱってまいて植えたトマト。

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190211125927j:plain

 

芽~が出て~♪

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190211130350j:plain

 

どんどん出て~♪

 

 

左のパセリは

 

f:id:mocoyoneyone:20190211130442j:plain

 

食べちゃって~♪(嘘です。枯れちゃって~♪です。この写真2度目。)

 

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190211130749j:plain

 

こんなに伸びたから植えなおして~♪

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190211130843j:plain

 

気が付いた~ら~実がなってたヨ!!!

 

 

 

 

ビックリ。

 

 

 

 

 

適当に植えても意外と成長するものですね。

あの黒い支える棒みたいなやつも適当にブスっとさしただけだけど、

意外と倒れずまっすぐ伸びて、今や親方の身長を超えるほど成長。

 

 

 

 さてさて、鳥からも虫からもこの実を守れるのでしょうか。

 

 

 

 

親方の新たな休憩スタイル。

 

 

夕方になり、たくさん家の中を歩き回ったら

 

f:id:mocoyoneyone:20190211131320j:plain

 

おもむろに入ってく、椅子のなか。

(あ、親方転んで結構大きな傷をおでこに作ってしまいました。)

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190211131454j:plain

 

「ちょ~っときゅ~けい。」

 

 

と、ここで一休みするのが最近のブームのよう。

 

 

 

しかししかし、歩き始めはケガが増えますね。

目を離さないようにしないと、とは思っているんだけど、

四六時中できるわけでもなく、気づくと転んでる。

 

せめて家の中の危ないところは事前に減らさないとね。

2月はニュージーにも祝日がある。

こんにちは。

 

 

 

 

 

先週、ダンナのビジネスパートナー、

グレさんの奥さんチカさんと行ってきた、

ビーチや湖、オシャレカフェやショップが建ち並ぶ人気タウン

「Takapuna(タカプナ)」。

 

 

そこで立ち寄った「ARK Coffee Company」のソフトクリームがおいしすぎたので、

ダンナに食べてもらおうと再びやってきました。

 

 

 

そして今日は、

 

マイドライブ!!

 

North shore(ノースショア)へとつながるハーバーブリッジをわたり、

高速を100キロぶんぶん軽快に飛ばしてやりましたわ。

え~、高速での車線変更もサラリとやってやりましたわ(3回くらい)。

はい、気づいたらハンドルはびっちょりでしたわ。

 

 

え?びっちょり?

 

 

はいっ!とっても緊張しました!

 

 

左折右折のたびに、

ダンナから発せられる

「ナイスタ~~ン(拍手)」

にちょっとイラっとしながら、

様々な運転アドバイスをいただき初の高速も無事走り切ることができた。

(いや、一度だけ道に迷ってわけもわからず高速に乗ってたことあるんだけどね。)

 

 

 

キムタクいるかな~。

 

 

 

ということで、お散歩がてら寄ったタカプナビーチは、

今日もとてもきれいでした。

 

f:id:mocoyoneyone:20190210145531j:plain

 

「キムタクおらへんな。」

 

「いないね、帰ろっか。」

 

 

 

ということで、ビーチを早々に退散し、お目当てのソフトクリームを食べて帰路に。

 

 

 

もちろんマイドラーイブ。レッツゴーバックホーム!!

 

 

 

 

車中。

視線を感じ後部座席を見ると(赤信号のときね)。

 

f:id:mocoyoneyone:20190210171050j:plain

 

カアチャンの運転をニヤニヤ見つめる親方。

あ、肩ベルト落ちてるじゃん(しっかり締めましょう)。

 

 

「なんだよ~ニヤニヤしやがって~。」

 

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190210171519j:plain


「…きをちゅけなはれやっ!!

 

 

おうおうおう。

わたしのチチやハハから不評であるパッツン前髪の親方の熱い視線を感じながら

無事わが家にたどり着くことができました。

 

 

2019年上半期の目標(の一つ)だった高速使ってノースショア。

ダンナ無しで、今度トライしてみよう。

 

 

 

 

 

そういえば、今週の水曜日はニュージーの祝日でした。

その名も「Waitangi day(ワイタンギ・デー)」。

 

 

 

約1000年前、ニュージーに初めて上陸したマオリの人々。その後、ず~っとマオリの人たちが平和に暮らしていたニュージーですが、1790年頃からヨーロッパの人たちがわんさか入ってきました。

そしたら始まるマオリVSヨーロッパ人。土地などを巡る争いが頻繁に起こるようになる。そこで、イギリス政府が「こりゃいかん!ニュージー統治しなきゃ。」と乗り出し、1840年2月6日に北島のワイタンギでマオリの各部族の長たちと条約を結びました。

これがワイタンギ条約。マオリとヨーロッパ人の争いは、この条約ですべて解決!とはならなかったそうで、その後もいろいろあったようだけど、ワイタンギ・デーはニュージー建国の日といえるこの日を記念した祝日とのこと。

 

 

 

ということで親方ファミリーも水曜日はお休み。

ワイタンギ・デーを祝って近くでイベントが開催されていたので行ってきた。

 

イベントの名前は「2019 Waitangi Day Ki Okahu 」。

Okahu(オカフ)Bayというビーチの近くで開催されたイベント。

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190210174041j:plain

 

 

当日はド快晴!

 

 

マオリの人たちが伝統の舞であるハカを踊ったり、

マオリの歴史を紹介するブースがあったり、

もちろん屋台もたくさんでていて1日楽しめるイベント…

 

 

らしいのだが

 

 

とにかく暑くて一周まわってダウン。

 

 

 

だって、メインステージは屋根も木陰もなにも無し。

大学生のころ、野外フェスに憧れて「フジロックいきた~い」とか言ってたけど

訂正します。

骨の髄まで染み渡る日光は、10分で限界!

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190210174658j:plain

 

「とにかくギンギラあっちゅいのよ。」

 

 

ギラギラになるまでぬるたくった日焼け止めで、

ボディービルダーのようにつやつやするわたしたちのカラダ。

 

 

たいして歩いていないのに、木陰へ避難。

たいして歩いていないのに、休憩ということでサンドウィッチを食べることに。

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190210174916j:plain

 

親方も、冷た~く冷えたヨーグルトをパクリ。

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190210175051j:plain

 

「なかなか冷えとるやん。やるやんカアチャン」

 

 

はい、あなたのために、保冷バッグに保冷剤入れて持ってきたからね。

 

f:id:mocoyoneyone:20190210175222j:plain

 

「おそとでヨーグルトっちゅーのもええもんやな。」

 

 

と、ご満足していただけたようでした。

 

 

 

 

木陰でただただサンドウィッチとヨーグルトを食べる

イベントに来たのに全くイベントを堪能しない

そんなワイタンギ・デーでした。

ネットが使えない日々を過ごしてました。

それは

 

 

 

 

 

突然やってきた。

 

 

 

 

 

 

ネットがツナガラナイ!

 

 

 

 

 

庭の手入れにきたお兄ちゃんが、

バスっとネットのケーブルを切ってしまったらしい。

 

久しぶりのネットナシ生活。

もちろんNET FLIXもつながらないので実質テレビもなし。

 

 

 

「たまにはいいよね。ネットのない生活も!」

 

 

 

と『ALWAYS 3丁目の夕日』が頭をよぎり、

インターネットもスマホもない昭和の良き日のような生活を

愛する息子とともに過ごそう!

 

 

とお気楽な気持ちでいられたのは最初の1日だけ…

 

 

 

やっぱネット見たい…

 

 

 

それからはダンナと顔を合わせるたびにネットの修理はまだ来ないのかと質問責めすることに。

 

夕飯のレシピ見たり、Google mapで場所調べたり、家事の間親方に動画見せたり

無くなって初めて気づく、ネットのありがたや~。

 

 

 

 

 

ということでブログ再開!

 

 

 

 

 

火曜日にいったプレイグループ。

とっくに終わった節分の、鬼の角を工作でつくるとのことで参加してきた。

 

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190209124642j:plain

 

まずはお約束。

 

 

相変わらずみんなの輪には入らずに

水辺に打ち上げられたオットセイのようにズリズリじたばたしていた。

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190209125551j:plain

 

「ひぃ~しゃ~し~ぶ~り~~(久しぶり)。」

 

ネットが無くても親方は元気でしたよ。

 

 

 

 

もちろん親方はまだ工作はできないので

100%わたしが作った鬼の角がこちら。

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190209130109j:plain

 

あれ、紐、くいこみすぎじゃない?

 

 

あわてて周りを見るが、ゆるくて落ちてきちゃう子たちもいるくらい。

みんな同じながさのゴム紐でつくっているはずなのに、

親方の顎?にゴムがくいこみ、2つに割れてお尻みたいになってる。

 

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190209130351j:plain

 

「まえからみたらべちゅにふつうやろ?」

 

 

親方、12.6キロ。

鬼の角はどんなに動いてもしっかりくいこんで落ちてきませんでした。

 

 

 

ということでブログも再開したので、またよろしくお願いします。

スクールホリデーは終わりました。

こんばんは。

 

 

 

 

 

さてさて、長い夏休みも終わり、

今日から登校スタート!という学校が多いニュージー

 

 

それと同時に、図書館でのセッションやプレイグループなども稼働しはじめました。

 

 

さっそく朝、図書館行ってきたけど、

とにかく今日も

 

 

 

 

いい天気。

 

 

 

 

気温は25~27度くらい。

日本の皆さんに「日本の夏なめんなよ。」と言われそうですが、

 

 

 

 

暑い!

 

 

 

 

ニュージーだって暑いものは暑い。 

クーラーがついていない家も多いニュージー

わが家もクーラーはあるけどつけません(あまりきかないから)。

 

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190204173740j:plain

 

「ほんまあっちゅいよね~も~なんもヤルきおきないよねぇ~。」

 

 

温度はそこまで高くなくても、とにかく日差しが容赦なく降り注ぎ、

謎の天窓からガンガン入ってくる日光から逃げる屋内の親方とわたし。

 

親方もダルダルモード。

 

日曜日のお父さんのように、ソファーから動かなかったため

 

 

 

「子供は元気に遊びなさい!」

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190204174357j:plain

 

と無理やり庭へ連れ出す。

 

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190204174550j:plain

 

おっ!

最近わたしがバスケリングにシュートするのを見てマネする親方。

 

かわい。

 

 

 

いいねいいね。元気よく遊んでるね。

感心しながらトマトに水をやっていると

 

あれ、親方がいない。

 

 

 

 

f:id:mocoyoneyone:20190204174706j:plain

 

おっさんが休憩中。

 

 

停止にしていたリトベビさんを再開してお茶を飲んでいた。

 

うん、水分補給は大事だよね。

でもさ…5分も遊んでないじゃん。

 

 

 

そんな暑い1日でした。

でも朝と夜は寒いんだよね~。